CSS から React コンポーネントを生成する MistCSS

MistCSS は CSS in JS になぞらえた JS from CSS というコンセプトで、CSS から React コンポーネントを生成するツールです。ピュアな CSS を記述できるので、学習コストが低い、パフォーマンスに影響がないといったメリットがあります。

単体テストでスクリーンリーダーをシミュレートする Virtual Screen Reader

Virtual Screen Reader は単体テストのためにスクリーンリーダをシミュレートするライブラリです。このライブラリを使うことでマウスやキボードの操作をテストするように、スクリーンリーダーにより期待する読み上げが行われるかどうかをテストできます。なお、Virtual Screen Reader はあくまでスクリーンリーダーの挙動を模倣したものであり、現実で使われているスクリーンリーダーによるテストを代替するものではないことに注意してください。

フォームのアクセシビリティを考える

今日の Web におけるフォームはユーザーが情報を入力して対話するための重要な要素です。支援技術を利用しているユーザーがフォームの入力を妨げられることは当然避けるべきでしょう。また障害の有無に関わらず、ユーザーに迷いを与えたり、入力ミスを誘発するようなフォームはユーザーがタスクを完了せずに途中で離脱してしまう可能性が高まり、ビジネスの観点からも望ましくありません。この記事ではフォームのアクセシビリティについて考え、実際のフォームの実装においてどのような点に注意すべきかを紹介します。

React Server Components を使うためのミニマムなフレームワーク Waku

Waku は小規模から中規模の React プロジェクトを構築するためのミニマムなフレームワークです。従来は React Server Components を使うためには Next.js のような比較的大規模なフレームワークが必要でした。Waku もまた React Server Components に対応しているため、最小限の構成で React Server Components を使いたい場合に適しています。

新しい UI テストの手法を提供するテストライブラリ SafeTest

SafeTest は Playwright と Jest/Vitest を組み合わせた UI テストライブラリです。特定のライブラリに依存せず、React, Vue, Angular, Svelte などのフレームワークに対応しています。SafeTest は単体テストと Playwright を使った E2E テストの手法を組み合わせることで、それぞれの手法が抱える欠点を補うことを目指しています。

技術の素振りのために記事を書く

技術の素振りを、ここではある特定の言語やフレームワークに対する理解を深めるために、その技術を使って何かしらの成果物を作成することと定義します。素振りの目的としては、ドキュメントからは読み取れない Pro/Con を得ること、その技術が実際のプロジェクトで使えるかどうか調査するといった事項があげられるでしょう。ただ素振りするだけではぼんやりと頭に知識が入っている状態になりがちですが、他者への説明というアウトプットを意識することで、コードを書くことによって得られた知見を整理できるようになります。

初心者向けの単純なルールを作る

新しい物事を始めるときは複雑な理屈は抜きにして、単純なルールが規定されていることが初心者にとって大切です。この理屈は開発時の設計やコーディングルールにも当てはまると思います。単純なルールとして lint を設定したり、コンポーネント化して複雑な部分を隠蔽することですべての開発者にとってコードをコミットしやすくなります。

Hono で Server-Sent Events によるストリーミングを実装する

Server-Sent events(SSE)は、サーバーからクライアントに向けてイベントをストリーミングするための仕組みです。WebSocket と比較すると、サーバーからの単方向の通信、HTTP で通信するという特徴があります。この記事では Hono を使って OpenAI API を使ったテキスト生成をストリーミングする方法を紹介します。