テストの記事一覧

React Server Components のテスト手法

現代におけるコンポーネントのテストは Testing Library を用いてテストを行うことが一般的です。しかし、2023 年 11 月現在、Testing Library はまだ Server Components のテストを十分にサポートしていません。そのため、Server Components のテストを行うには、別の方法を用いる必要があります。この記事では、Testing Library を用いずに Server Components のテストを行う方法について説明します。

Vitest のブラウザテスト

Vitest は実験的な機能として、ブラウザモードをサポートしています。ブラウザテストは Node.js 上で jsdom を用いてテストを実効するよりも信頼性の高い方法ですが、テストのセットアップに時間がかかるといったデメリットも存在します。

単体テストの単位はコードではなく振る舞いである

単体テストの目的は、ソフトウェア開発プロジェクトを持続可能なものにすることです。この目的を達成するための単体テストの機能の 1 つにリファクタリングに対する耐性が上げられます。これは内部のコードを変更した前後でも、外部の振る舞いから見た振る舞いが壊れていないことを保証してくれる度合いです。この耐性が高ければ、開発者は安全にコードを変更できます。 この記事では、単体テストをコード単位で書いた場合と振る舞い単位で書いた場合をそれぞれ提示して、リファクタリングに対する耐性がどのように異なるのかを見ていきます。

テストコード内では条件分岐を書かないようにする

誰でも読める愚直なコードであることの 1 つの目安として、テストコードの中に if 文や三項演算子などの条件分岐が入り込んでいていないことが上げられます。if 文が存在するコードはアンチパターンであるといえます。実際に if 文がテストコードの中に入り込んだ例を見てみましょう。

新しい UI テストの手法を提供するテストライブラリ SafeTest

SafeTest は Playwright と Jest/Vitest を組み合わせた UI テストライブラリです。特定のライブラリに依存せず、React, Vue, Angular, Svelte などのフレームワークに対応しています。SafeTest は単体テストと Playwright を使った E2E テストの手法を組み合わせることで、それぞれの手法が抱える欠点を補うことを目指しています。