msw でリクエストを検証する方法

msw 使ってテストを記述した時期待したリクエストが送信されているのか検査したくなるかもしれません。リクエストを検証する方法と、それを回避する方法を紹介します。

Storybook 単体でインタラクションテストを実施する

Storybook の Component Story Format 3.0 では新機能として play() 関数が追加されました。 `play()` 関数は Storybook 上で ユーザーのインタラクションな操作を表現することができます。 以前は composeStories() 関数により Storybook 上で作成したストーリーを Jest で再利用する方法を書いたのですが、どうやら Storybook のみで完結してテストを実行することができるようですのでこちらを試してみます。

Storybook の interaction testing と jest を組み合わせる

Storybook の Component Story Format 3.0 では新機能として `play()` 関数が追加されました。 `play()` 関数は Storybook 上で ユーザーのクリックやフォーム入力のようなインタラクションな操作を表現することができます。 `play()` 関数の大きな特徴としては Component Story Format の移植性の高さを利用して Storybook 上で定義したインタラクションを `Jest` など他の領域においても再利用できることです。

Vite だと require() が使えないよ〜

皆様はすでにプロジェクトに Vite は導入されていらっしゃいますでしょうか?私はできていません。 Vite はフロントエンドのビルディングツールであり、従来の Webpack 等と比較して高速に動作するといった特徴があります。Vue.js を開発した Evan You 氏によって開発ツールではありますが Vue.js に限らず React や Svelte にも対応しています。

【Vue.js】ref vs reactive

さて、そんな Compositon API ですがリアクティブなデータを定義する際に `reactive` と `ref` の2つの方法が用意されています。 `reactive` と `ref` どちらを使用するのがよいのか公式からも推奨する方法がありませんので、どちらを使用するべきか迷ってしまうところです。 `reactive` と `ref` のそれぞれのメリット・デメリットを確認してみましょう。